ワタカラカサタケハラタケ科 キツネノカラカサ属
  Lepiota clypeolaria (Bull.:Fr.) Kummer
画像をクリックして下さい

雑木林内の地上に生える。名前が示すとおり柄や傘のまわりに
綿屑をまぶしたようなきのこ。

  傘 :帯茶黄土色の表皮が細かく裂けた綿屑状の鱗片に
     覆われる。
  ヒダ:白色〜クリーム色
  柄 :早落性のツバ、表面は綿屑状のササクレに覆われる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.