ウツロベニハナイグチイグチ科 アミハナイグチ属
  Boletinus asiaticus Sing.
画像をクリックして下さい ウツロベニハナイグチ管孔

カラマツ林で、傘が鱗片に覆われた赤いきのこを見つけたら、
ウツロベニハナイグチかカラマツベニハナイグチの可能性が高い。
両者を簡単に見分ける方法は、柄が中空であったらウツロベニ
ハナイグチ、中実であったらカラマツベニハナイグチと考えられる。

  傘  :帯紫紅色で繊維状の鱗片に被われる。
  管孔:黄色、柄に垂生し孔口は放射状に並ぶ。
  柄  :ツバより上は黄色、中空。
  肉  :淡い黄色で変色しない。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.