ウチワタケサルノコシカケ科 ツヤウチワタケ属
  Microporus flabelliformis (Fr.) O. Kuntze
画像をクリックして下さい ウチワタケ裏面

広葉樹の枯れ木に重なり合うようにして生える。半円形から
腎臓形で根もとに柄が付いているので、団扇のような形に見
えることから付いた名前。

  傘  :表面には黄褐色や茶褐色の環紋がある。若いうちは短毛が
      密生しビロード状、後に短毛は抜け落ちて無毛になる。
  管孔:白色で微細。  
  柄  :側生、短い、無柄のこともある、傘とほぼ同色。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.