ツガサルノコシカケサルノコシカケ科 ツガサルノコシカケ属
  Fomitopsis pinicola (Fr.) Karst.
画像をクリックして下さい ツガサルノコシカケ1

主にマツ、モミ、ツガ等の針葉樹の倒木や切り株上に生えるが、
広葉樹の桜の枯れ木や生木にも生える。初期は白いこぶ状、表
面から水滴を出し、次第に半円形や馬蹄形のきのこを形成する。
傘の表面は橙褐色、赤褐色、黒褐色、暗灰褐色等変化に富むが
傘周辺の成長している部分は白色。多年生で年々の成長過程は
環溝によって示されている。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.