ツバマツオウジ(仮)ヒラタケ科 マツオウジ属
画像をクリックして下さい

深山、高山の唐松の枯木上に深山では初夏から、高山では夏の
終わりに良く見かける。マツオウジにはツバ無しとツバ有りの二種
が有り、北陸のきのこ図鑑では学名のNeolentinus lepideusを
ツバマツオウジの方に付けている。

  傘 : きのこ全体は乳白色で表面は中心に向け淡い汚褐色の
      菊花かすり模様が有る。
  ヒダ: 小ヒダ中ヒダがあり、縁部は鋸歯状。松様の匂いがする。
  柄 :上方に薄茶を帯びた膜質のツバを持ち、垂生したヒダが
     流れ込む。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.