ドクヤマドリイグチ科 ヤマドリタケ属
  Boletus venenatus Nagasawa
画像をクリックして下さい

亜高山帯の針葉樹林の地上に生える。随分前のことですが、イグチ
には毒はないと言われていました。その説を信じてかどうか分かり
ませんが、ドクヤマドリを食べ中毒をした人は知り合いの中にも結構
います。現在はどの図鑑を見てもしっかり毒と書いてあります。

  傘  :幼時内側に巻き成長につれ丸山形、淡い黄褐色でビロード状 
      粘性なし
  管孔:鮮黄色→汚黄褐色
  柄  :幼児上部は白色、下部は黄色→汚黄褐色。
  肉  :わずかに青変性がある。

※硬くしっかりしている割に褐色のシミが出来、腐りやすい。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.