チチアワタケイグチ科 ヌメリイグチ属
  Suillus granulatus (L.:Fr.) O.Kuntze
画像をクリックして下さい チチアワタケ管孔

松林の地上に発生、名前がチチアワタケだがアワタケ属ではなくて
ヌメリイグチ属。管孔から乳液を分泌することから付いた名前。
粘性が強い。

  傘  :栗色〜黄土褐色で強い粘性がある。表皮は剥けやすい。
  管孔:黄色で孔口小さい。若いうち黄白色の乳液を分泌する。
  柄  :ツバはなく、淡黄白色の地に粒点を密布する。

※写真のきのこは姿形はチチアワタケそのものだが、比較的若いのに
 乳液の分泌がない。もしかしたら違う種かもしれない。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.