テングツルタケテングタケ科 テングタケ属
  Amanita ceciliae (Berk. & Br.) Bas
画像をクリックして下さい

広葉樹の樹下に生える中型のきのこ。傘の大きさに比べ柄が長く
ツルタケのように見える。

  傘 :灰褐色の地に黒色綿質のつぼの破片が放射状に並ぶこと
      が多い。周辺に放射状の溝線がある。
  ヒダ:白色、縁は灰色で粉状。
  柄 :ツバが無く根元に糸屑状の不完全なツボがある。

似た仲間
  傘の感じがヘビキノコモドキに似ているのだがツバがないことと、
  カサの周囲に溝線がある点で区別できる。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.