テングタケテングタケ科 テングタケ属
  Amanita pantherina (DC. : Fr.) Krombh.
画像をクリックして下さい

ツバ、ツボを持つテングタケ科の代表格で、広葉樹林に生える比較的小型の
きのこ。以前は針葉樹に生える比較的大型のイボテングタケも含めてテング
タケとされていたが、きのこの大きさや傘に付くイボの形の違いからイボテン
グタケが分離された。

  傘 :褐色〜灰褐色でツボの名残のイボを全面に付けるがイボは雨で
      落ちやすい。周辺に条線がある。
  ヒダ:白色で密
  柄 :白色〜淡い黄色で上部にツバ、基部には襟巻き状のツボがある。

似た仲間
 テングタケダマシ:テングタケに似るが傘と柄の基部(球根状)に付いている
       イボが角錐状に尖っている点でテングタケと区別できる。
 イボテングタケ:テングタケより大型で、傘に尖ったイボをつける。
       柄の基部にツボの名残が何重かの環状として残る。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.