タモギタケヒラタケ科 ヒラタケ属
  Pleurotus cornucopiae (Paulet) Rolland var.citrinopileatus(Sing)Ohira
画像をクリックして下さい タモギタケ

初夏、ニレなどの広葉樹の枯木に生える。

  傘  :鮮やかな黄色  成長につれて中央が窪む。
  ヒダ :白色→多少黄色み 柄に長く垂生
  柄  :白色〜多少黄色 基部で合体

 タモギタケはハルニレの枯木に生えると聞き、いざ現地へ。ハルニレの木の
 予備知識を持ったつもりが、どれがハルニレの木か全く見当がつかない。
 当然タモギタケも見つからない。ようやく最初のタモギタケを発見し感激!!
 ハルニレの木肌を良く観察し、その木を目指して探すと、次々にタモギタケを
 発見することが出来た。きのこを探すには先ず木を探す大切さを痛感。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.