タマウラベニタケイッポンシメジ科 イッポンシメジ属
Rhodophyllus abortivus (Berk. & Curt.) Sing.



秋、広葉樹の朽ち木に群生する。通常の形をしたきのこの
周りに団子状のきのこが沢山見られる。ナラタケ菌が寄生
したための奇形だと言われているが、この塊がタマウラベニ
タケという名前の由来となっている。

  傘 :灰白色〜灰褐色で平滑。
  ヒダ:灰白色から肉色、柄に垂生し密。
  柄 :傘とほぼ同色で繊維状の縦線がある。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.