シロキツネノサカズキベニチャワンタケ科 シロキツネノサカズキ属
  Microstoma floccosa (Schw.) Raitv.var.floccosa
画像をクリックして下さい

半分土に埋もれ湿気を含んだ枯れ枝から生える小さなきのこ。
赤色の腕(サカズキ)の内側は鮮やかな赤色、外側は長くて白い
毛に覆われる。
柄は長く、白色でサカズキの外側と同じ白い毛に覆われる。

※似たきのこにシロキツネノサカズキモドキが有る。
  肉眼的には見分けが付かず、シロキツネノサカズキに比べ
  胞子が大きいそうです。
 ・写真のきのこは検鏡していないので、どちらかという判断は
  出来ませんが、ここではシロキツネノサカズキとしておきます。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.