サクラシメジヌメリガサ科 ヌメリガサ属
Hygrophorus russula (Schaeff.:Fr.) Quel.



秋、広葉樹林内に列を作って生える桜色のきのこ。全体が硬くしっかり
している。

  傘 : 暗赤色〜ワイン色、中央が濃く周辺は淡い色。また、色が均一
     ではなくシミのようなムラがある。
  ヒダ: 直生〜垂生、初め白色→ワイン色のシミができる。
  柄 : 初め白色→傘と同色

※似た仲間
  ヒメサクラシメジ : 針葉樹、モミの樹の下に生え、全体が暗赤褐色。
  サクラシメジモドキ :サクラシメジに似ているが針葉樹の林に生え、柄の
         上部に早落性のツバがあり、ツバより上は白、下は傘と同色。
  アケボノサクラシメジ:広葉樹の林に生える。曙を想起させるような淡い
          紅色。柄は根もとがやや細まり黄色を帯びる。
  フキサクラシメジ :針葉樹の林に生える。傘は肌色〜サーモン色、ヒダは
          淡い肌色→濃くなる。柄の根もとは黄色を帯びる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.