サビイロオチバタケキシメジ科 ホウライタケ属
  Marasmius fulvoferrugineus Gilliam
画像をクリックして下さい

褐色型のハナオチバタケを小型にしたような種で広葉樹の落ち葉から生える。
ハナオチバタケ、ハリガネオチバタケと比べてヒダ枚数が多い。
北陸のきのこ図鑑にはハナオチバタケに併合されたと書かれている。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.