オウギタケオウギタケ科 オウギタケ属
  Gomphidius roseus (Fr.) Karst
画像をクリックして下さい

アカマツの多い林内の地上で多く見られる。アミタケと一緒に
出ることが多い。真横から見ると形が扇のように見えるので
オウギタケという名前がついたようだ。

  傘 :紫紅色で粘性が強い。古くなると黒く変色する。
  ヒダ:灰白色→暗灰褐色で疎、柄に垂生する。
  柄 :上部は白色、下部は淡い紅色、根もとは黄色で上部
      に綿毛状のツバがある。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.