オオオニテングタケ(オニテングタケ)テングタケ科 テングタケ属
  Amanita grandicarpa Nagasawa , Hatanaka & Matsumoto (ined.)
画像をクリックして下さい

夏〜秋、広葉樹林内の地上に生える超大型のテングタケ科のきのこ。
 傘 :饅頭形→平ら、淡黄褐色〜淡褐色で粘性はない。
    表面は褐色で角錐形の大きなイボに覆われる。
 ヒダ: 類白色〜淡黄色で密、緑部は粉状。
 柄 :淡褐色で繊維状、中実。下部は棍棒状に膨らみ、裂け目が
     できやすい。
    根元は地中に深く伸びることが多い。
    柄上部に膜質の分厚いツバがあり、傘緑部に残片が垂れ下がる
    ことがある。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.