オニナラタケキシメジ科 ナラタケ属
  Armillaria ostoyae (Romagnesi) Herink in Hasek
画像をクリックして下さい

秋、広葉樹や針葉樹の切り株、枯木、立木の根もとなどに生える。

  傘 : 丸山形→中高の丸山形、淡赤褐色から淡茶褐色、
      棘状で黒褐色の鱗片を多数つける。
  ヒダ: 白色→淡い褐色のしみができる。
  柄 : 傘とほぼ同色、上部に白色膜質のツバ、ツバは暗褐色
      に縁取られる。ツバより下部は褐色の綿毛状鱗片に
      被われる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.