ニクウチワタケシワタケ科 ニクウチワタケ属
  Abortiporus biennis (Bull.:Fr.) Singer
画像をクリックして下さい
孔口を拡大 幼菌

広葉樹の枯れ木の地面に近い部分か地中の材に生える。
普通は有柄だがまれに無柄。柄は偏心性や中心性と変化に富み、
そのため、きのこの形もロート状〜扇形と変化に富む。表面は汚
白色〜赤褐色で不規則に歪む。管孔面は白色で触ると赤褐色に
変わる。孔口は円形から多角形で大きさも不規則。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.