ニガクリタケモエギタケ科 ニガクリタケ属
  Naematoloma fasciculare (Hudson:Fr.) Karst.
画像をクリックして下さい

何時でも(早春から晩秋、時には冬も)、何処にでも(針葉樹、広葉樹の
枯木や倒木)顔を出す黄色いきのこ。
若いときは鮮やかな黄色(硫黄色)でよく目立つが、写真に納めてもなか
なか色合いが出ない。非常に苦い。

  傘 :鮮黄色で中央が褐色を帯びて濃い、表面はなめらかで
     周辺部に被膜の名残を付ける。
  ヒダ:淡黄色→黒紫褐色
  柄 :上部に糸くず状のツバをつける。

 似た仲間
     ニガクリタケモドキ :束生しない、苦くない等の点で区別できる。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.