ムレオオイチョウタケキシメジ科 オオイチョウタケ属
  Leucopaxillus septentrionalis Sing. & A.H.Smith
画像をクリックして下さい ムレオオイチョウタケ幼菌

広葉樹林の地上に単生又は数本が束生する大型のきのこ。
木の根もと近くに生えることが多い。
触感はオオイチョウタケに似ているが、色が白ではなく淡い
黄色〜淡い褐色。
古くなると鼻を突く強い匂いがあり、これが特徴といえる。

  傘 :淡い黄色〜淡い褐色、初め内側に巻く→浅いじょうご型。
  ヒダ:多少傘より薄い色をしているがほぼ同色、垂生で密。
  柄 :太短く、根もとが膨らむ。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.