ムラサキイロガワリハツベニタケ科 チチタケ属
  Lactarius repraesentaneus Britz
画像をクリックして下さい ムラサキイロガワリハツヒダ

亜高山帯の針葉樹林内の地上に生える。傘が毛に覆われ
ヒダが紫色に変色する。

  傘 :黄色で粘性あり、かたい毛で覆われる。
     縁が内側に巻く。
  ヒダ:淡い黄色、白色の乳液を出し紫色に変色する。
  柄 :傘とほぼ同色であばた模様があり中空。

 似た仲間
   カラハツタケ  キカラハツモドキ
     傘に毛がある、白い乳液を出すという点で似ているが、
     これらの種は乳液が変色しないという点で区別できる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.