ミヤマタマゴタケテングタケ科 テングタケ属
  Amanita imazekii T.Oda, C.Tanaka et M.Tsuda
画像をクリックして下さい

主にブナ科等の広葉樹林内の地上に生える。大型でドクツルタケの
傘に色をつけたようなきのこ。しかし、傘の周辺には条線があり
ドクツルタケとは別なグループに入る。

  傘 :卵形→平、白に近いベージュ色〜暗褐色で個体によって様々。
     周縁部には条線がある。
  ヒダ:離生、密、白色
  柄 :白色、上部に白色のつば、基部に大きな袋状のつぼがある。
     下半分位にささくれがある。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.