ミヤマオチバタケキシメジ科 ホウライタケ属
  Marasmius cohaerens (A. & S.:Fr.) Cke. & Quel.
画像をクリックして下さい

広葉樹林内の堆積した落ち葉の上に生える小型のきのこ。

  傘 :橙黄色で微毛が密生している。中央部が濃く周辺に
      ゆくにつれ色合いが薄くなる。
  ヒダ:乳白色で幅広くやや疎。
  柄 :茶褐色〜黒褐色で上部にゆくに連れ淡い色になる。
     上下同径、基部は綿毛菌糸に包まれている。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.