マンジュウガサフウセンタケ科 フウセンタケ属
Cortinarius multiformis (Fr.) Fr



傘にヌメリがあり柄にはヌメリがないフウセンタケ属のグループ
(オオカシワギタケ亜属)で亜高山帯針葉樹林に生える。

  傘 :半円形→丸山形、湿時粘性があり、色は黄土色
     〜黄土褐色で中央部はやや色が濃い。周辺部に
     白く粉状のものが付く。
     表面は滑らかで細かな放射状のしわがある。
     若いうち、蜘蛛の巣膜で柄とつながっている。
  肉 :傘の中心部分で厚く、端に行くほど薄くなる。
  ヒダ:初め白→明るい灰褐色→茶褐色
  柄 :根もとがふくらんだこん棒状、綿状の付着物、色は
     傘とほぼ同色かやや淡い。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.