クサウラベニタケイッポンシメジ科 イッポンシメジ属
  Rhodophyllus rhodopolius (Fr.) Quel.
画像をクリックして下さい

9月末から10月にかけて生えるきのこ。同時期に生えるウラベニ
ホテイシメジと間違えて食べ中毒を起こすことが多く、要注意きのこ
の一つ。ウラベニホテイシメジと比較すると柄も傘も華奢なものが多
いが、大型のクサウラベニタケと小型のウラベニホテイシメジが並ん
で生えていたりすると判断に迷うことが多い。また、どちらでもない
イッポンシメジ属のきのこも多数あるので、ヒダがピンク色(イッポン
シメジ属の特徴)をしたきのこには注意が必要。

  傘 :灰褐色から灰色で乾くと光沢がある。
  ヒダ:白→ピンク色
  柄 :白色、中空〜髄状


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.