クロチチタケベニタケ科 チチタケ属
  Lactarius lignyotus Fr.
画像をクリックして下さい 画像をクリックして下さい クロチチタケヒダ

標高の高い針葉樹林内の地上に生える。

  傘 :まんじゅう形→中央が窪んだ平らに開く、中央部に
     小さな突起が残る。
     黒褐色で放射状の小じわがあり、ビロード状。
  ヒダ:白色で垂生、白い乳液を出すが次第に紅変する。
  柄 :傘と同色、基部が白い。

 似た仲間
     クロチチダマシ :クロチチタケに似るが、乳液が変色
           しないことと、ヒダが疎という点で区別できる。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.