クラガタノボリリュウタケノボリリュウタケ科 ノボリリュウタケ属
Helvella ephippium Lev.



子嚢盤(傘?の部分)が鞍の形に似ているノボリリュウタケ科のきのこ、
その形からクラガタノボリリュウタケと名付けられたのだろう。
ナガエノチャワンタケも子嚢盤が鞍の形に似ることがあるが、子嚢盤の
外側と柄に生えている毛の質が全く違う。ナガエノチャワンタケの方は
比較的柔らかい毛で、クラガタノボリリュウタケの場合は長い毛がビッシ
リと生えている。きのこ図鑑では絨毛と表現している。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.