クモタケスチルベラ科 ノムラエア属
  Isaria atypicola Yasuda
画像をクリックして下さい

6〜7月の梅雨時、林内の裸地や神社の庭などに発生する。
トタテグモの一種に寄生し、巣穴のふたを開け、白色〜淡黄白色
棒状のきのこが姿を現す。頭部に淡紫灰色の粉状の胞子を付ける。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.