コトヒラシロテングタケテングタケ科 テングタケ属
  Amanita kotohiraensis Nagasawa & Mitani
画像をクリックして下さい

香川県琴平町で採取されたきのこが新種を記載するときの
標本になったことから「コトヒラ」という名前が付いた。

  傘 :外皮膜の名残がかさぶた状になって散在する。
      内被膜の名残りが周囲にしばしば垂れ下がる
      ことがある。
  ヒダ:淡黄色
  柄 :上部に綿毛状膜質の脱落しやすいつば、基部は
      蕪状に膨らむ。膨らんだ部分に外皮膜の破片が
      環状に多数付着する。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.