コガネタケハラタケ科 コガネタケ属
  Phaeolepiota aurea (Matt.:Fr.) Maire
画像をクリックして下さい

黄金色をした大型のきのこ。全体にきな粉をまぶしたように粉に
包まれており、触ると粉が手に付く。道端や林、庭などに群生する。

  傘 :まんじゅう形〜なだらかな丘のように開く。
  ヒダ:淡い黄色→黄褐色で密。
  柄 :傘と同色で上部に膜質のツバがあり、ツバより上は滑らか
     下は粉に覆われ縦皺がある。柄の表皮がきれいに剥ける。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.