コガネニカワタケシロキクラゲ科 シロキクラゲ属
Tremella mesenterica Retz.:Fr.



黄色〜橙黄色、ゼラチン質の花びらが生長し幾重にも重なり
あって球形の塊になる。

似たきのこにアカキクラゲ科のハナビラダクリオキンがあるが、
以下のような違いがある。
  コガネニカワタケ :広葉樹の枯木や倒木に生える。
          花びらが重なり合って花びら状の塊になる。
  ハナビラダクリオキン:針葉樹の枯木や倒木に生える。
          球状の塊が分かれて花びら状の塊になる。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.