キツネタケキシメジ科 キツネタケ属
  Laccaria laccata (Scop.:Fr.) Berk. & Br
画像をクリックして下さい

夏から秋にかけて、様々な林内に群生する。

  傘 : 帯紅褐色 半球型から中央の窪んだ皿状に開く。
      表面に微細なささくれがあり、傘の周囲が
      波打ったり、放射状に裂けたりする。
  ヒダ: オオキツネタケは紫色を帯びるがキツネタケは
      淡い紅色をしている。
  柄 : 中実で強靭、傘と同色、表面に繊維状条線がある。
      基部に白色の菌糸を付ける。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.