キツネノロウソクスッポンタケ科 キツネノロウソク属
Mutinus caninus (Pers.) Fr.



庭や畑地、道ばたなどに生え、黒褐色のグレバから悪臭を放ちハエ
や虫を集める。キツネノエフデとよく似ているが、このきのこは頭部の
グレバの付く赤い部分と柄の部分の境が明瞭という点で異なる。
柄は淡い紅色で下部に行くにつれ少しずつ薄くなることはあっても完
全に白くなることはない。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.