キツネノエフデスッポンタケ科 キツネノロウソク属
  Mutinus bambusinus (Zoll.) Fisch
画像をクリックして下さい

庭や畑地、道ばたなどに生え、黒褐色のグレバから悪臭を放ちハエや
虫を集める。キツネノエフデは頭部のグレバが付いている赤い部分と
柄との境界が無い。柄の色は上から濃い紅色から淡い紅色へと少し
ずつ薄くなり、下部は完全に白色となる。

 似た仲間
   キツネノロウソク:頭部のグレバの付く赤い部分と柄の部分の境が明瞭。
       柄は淡い紅色で少しずつ薄くなることはあっても下部が完全に白く
       なることはない。
   コイヌノエフデ:頭部のグレバの付く赤い部分に赤色の薄い膜がかかって
       いる。柄も淡い紅色で下部に行くにつれより薄くなる。
   キツネノタイマツ:柄とは別に頭部に傘を持っている。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.