キララタケヒトヨタケ科 ヒトヨタケ属
  Coprinus micaceus (Bull.:Fr.) Fr.
画像をクリックして下さい

広葉樹の切り株や倒木に生える小型のきのこ。キララというのは
雲母のことで幼菌の時、傘の表面に付ける細かな鱗片が雲母を
想像させることからキララタケという名前が付いたようだ。

  傘 :卵形→中高の平ら、淡い黄褐色、放射状の溝線、細かい
     雲母様の鱗片で覆われる。
  ヒダ:離生、密、白色→黒色、液化する。
  柄 :淡黄褐色、細くて中空。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.