キアシヤマドリタケイグチ科 ヤマドリタケ属
Boletus sp.



 キアミアシイグチやコガネヤマドリ、ヤマドリタケ(モドキ)に似たきのこ
で、何処が似ていて何処が違うのか、目の付け所の違いによりいろい
ろな名前が付けられている。
 「キアシヤマドリタケ」 北陸のきのこ図鑑
 「アミアシコガネヤマドリ」 兵庫きのこ研究会のホームページ
 「キアミアシヤマドリ」新潟のきのこ
ここでは、一番最初に名前が付けられた、北陸のきのこ図鑑のキアシ
ヤマドリタケを採用した。

 傘 :赤〜茶褐色で多少ビロード状。
 ヒダ:幼時クリーム色の菌糸に被われている。管孔は黄色。
 柄 :赤色を帯びた黄色で、全面隆起した網目に被われる。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.