フジウスタケラッパタケ科 ラッパタケ属
Gomphus fujisanensis (Imai) Parmasto



モミ類やツガ類などの針葉樹林の地上に発生するラッパの
形をした大きなきのこ。幼菌のときは棒状で成長につれラッ
パ状に開き、内側に大きな鱗片が多数付いている。

 似た仲間
 オニウスタケ :
  ・ラッパの中のササクレが大きいのがオニウスタケで小さ
   いのがフジウスタケと言われている。
  ・オニウスタケは傷付けると赤紫色に変色するがフジウス
   タケは変色しない。
  ・フジウスタケはグアヤクチンキを付けると緑色に変わる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.