ホウロクタケサルノコシカケ科 ホウロクタケ属
  Daedalea dickinsii (Berk. ex Cke.) Yasuda
画像をクリックして下さい ホウロクタケ裏面

広葉樹の枯木や切り株上に生えるサルノコシカケの仲間。
ホウロクとは素焼の土鍋のことで食べ物を煎ったり蒸したり
する道具のことで、素焼きの鍋と色が似ているために付いた
名前。

  傘  :半円形、黄土色〜淡い褐色で無毛。
      柄は無い。
  裏面:孔口は淡い褐色。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.