ヒロヒダタケモドキキシメジ科 ニセアシナガタケ属
  Hydropus atrialbus (Murr.) Sing
画像をクリックして下さい ヒロヒダタケモドキヒダ

広葉樹の切り株や枯木に生える。ヒロヒダタケに似ているが、
ヒダが垂生していることで区別できる。

  傘 :放射状に繊維模様があり、開くと中央が窪む。
  ヒダ:柄に対して垂生している。
  柄 :傘とほぼ同色で微細な鱗片がある。

 似た仲間
    ヒロヒダタケ(ツエタケ属) :傘表面の様子はよく似ているが、
         ヒダが垂生しないという点で見分けることができる。
      ※2つのきのこ、姿形は似ているが、属が違う。
        ヒロヒダタケはキシメジ科のツエタケ属、
        ヒロヒダタケモドキはキシメジ科のニセアシナガタケ属


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.