ヒメヒガサヒトヨタケヒトヨタケ科 ヒトヨタケ属
  Coprinus plicatilis (Curt.:Fr.) Fr.
画像をクリックして下さい

公園や道端などウッドチップを撒いたような所で群生することが多い。

  傘 :中央部が茶褐色で周辺は淡い灰白色。中心部より明瞭な
     放射状溝線が伸びる。老成により黒くなるが液化はしない。
  ヒダ:疎
  柄 :白色〜褐色で平滑。上下同径〜下方がやや太まる。

似た仲間にコツブヒメヒガサヒトヨタケがあるが、本種と肉眼的な区別は
付きにくく、胞子がより小さいということが決め手のようだ。
写真のきのこは胞子の大きさを確認していないので、コツブヒメヒガサ
ヒトヨタケの可能性もある。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.