ヘビキノコモドキテングタケ科 テングタケ属
  Amanita spissacea Imai
画像をクリックして下さい ヘビキノコモドキヒダ

主にアカマツの混じった広葉樹林に生え、傘に黒いイボをたくさん
付けている。

  傘 :表面が暗褐色、ツボのなごりがヒビ割れ、大小の塊となって
     傘全体に散在する。
  ヒダ:白色
  柄 :灰色〜灰褐色で黒い小鱗片に覆われる。灰白色のツバ、
     膨らんだ基部にツボの破片が環状に残る。

 似た仲間 
    キリンタケ : 表面のイボが地色より白く、柄の基部に綿屑状の
        ツボの破片が残る等の点で区別できる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.