ベニテングタケテングタケ科 テングタケ属
  Amanita muscaria (L.:Fr.) Pers.
ベニテングタケ幼菌 画像をクリックして下さい

広葉樹(主にカバノキ属)の林内地上に生える。白いイボを付けた
赤い傘がよく目立つ。

  傘 :釣り鐘形→ほとんど平ら 鮮赤色〜橙黄色で白色のイボを
     多数つけるがイボは落ちやすい。周辺部に条線あり。
  ヒダ:白色
  柄 :白色、上部に白い膜質のツバを付け、ツバの下はささくれる。
     基部は膨らみツボの名残が環状に付く。

 似た仲間
    タマゴタケ :傘のイボが雨で落ちてしまうとタマゴタケとよく
           似ている。
      ・タマゴタケはヒダ、柄、ツバが黄色で袋状のツボがある。
      ・ベニテングタケはヒダ、柄、ツバが白色で袋状のツボはない。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.