ハナビラニカワタケシロキクラゲ科 シロキクラゲ属
Tremella foliacea Pers.:Fr.



春〜秋、時には初冬にも、広葉樹の枯れ木上に発生する。
淡い褐色〜赤褐色でゼラチン質の花びらのようなきのこ。
乾燥すると形状はそのままで小さな黒い塊になる。水に
つけると元の形に戻る。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.