ハナビラダクリオキンアカキクラゲ科 アカキクラゲ属
  Dacrymyces palmatus (Schw.) Burt.
画像をクリックして下さい

ゼラチン質で鮮やかな橙黄色、形は脳みそ状でしだいに花びらの
ように分かれてくる。針葉樹の枯木や切り株上に生える。

 似たきのこにコガネニカワタケがある。
    コガネニカワタケ(シロキクラゲ科):広葉樹の枯れ木に生える。
           花びら状のきのこが集まって塊を作ることがある。
    ハナビラダクリオキン(アカキクラゲ科):針葉樹の枯木に生える。
           ゼラチン質の塊が花びらのように分かれる。


Copyright © 東京きのこ同好会ホームページ委員会 All Rights Reserved.