バライロウラベニイロガワリイグチ科 ヤマドリタケ属
  Boletus rhodocarpus Uehara et Har. Takahashi
画像をクリックして下さい 画像をクリックして下さい

亜高山帯の針葉樹林に生える赤いきのこ。毒性が強く少しかじった
だけでも救急車のお世話になるほどの毒性を持っている。。

  傘  :淡い灰褐色→赤色、暗褐色の小さな鱗片をつける。
  管孔:黄色、孔口は赤
  柄  :黄色みを帯びた赤の地に濃い赤の粒点、基部は白い菌糸に
      覆われる。

 ※図鑑により柄に関する記述が異なる。
  ・柄の上部は黄色の地に赤色の網目がある。 
  ・赤紅色に繊維と条線に覆われる。
  ・此処で掲載しているきのこは赤い粒点に覆われている。
  種の違いなのか変異の範囲なのかは不明。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.