アミヒラタケサルノコシカケ科 タマチョレイタケ属
  Polyporus squamosus Fr.
画像をクリックして下さい

広葉樹の朽ち木から生えるヒラタケ型のきのこ。

  傘  :半円形〜腎臓形、クリーム色の地に黒褐色の鱗片が放射状に
     多数付く。
  管孔:成長に連れ放射状に長くなる。
  柄  :偏心性で根元は黒ずむ。
  
似た仲間
  @タマチョレイタケ:材上型のものはよく似ているが、次の点で異なる。
     ・柄が比較的長く中心性のものが多い。
     ・中心付近に鱗片が多く付く。
  Aハチノスタケ:アミヒラタケよりも管孔が大きい。


Copyright © 東京きのこ同好会 All Rights Reserved.